伊豆大島・秋の浜の海底貯蔵焼酎。うみのわ。

伊豆大島・秋の浜海底貯蔵焼酎です。うみのわは、リピーターの都市型ショップ様に依頼され貯蔵してきました

伊豆大島・秋の浜の海底貯蔵焼酎
海底貯蔵焼酎

 今から7年前に始まったイベントです。焼酎を海底に貯蔵し、熟成を促して美味しくしてから飲みます。今回は、大島唯一の酒造元の谷口酒造で販売されている、「御神火焼酎」を熟成します

 

伊豆大島・秋の浜の海底貯蔵焼酎
海底貯蔵

 水深20メートル付近にケースを設置して、貯蔵します。キャップの所は海水の侵入を防ぐためにコーキングをしてから入れます。「こんな事で、美味しくなるのか?」と思う方もいると思います。でも、美味しくなるんです。要素としては、3つあります。
①陸上に比べ、水中の方が温度変化が少なく安定している。
②日の光にあたらず、劣化が防げる。
③波の影響で適度に揺られ、熟成を促すことが出来る。

 これは当時、イベントの事で谷口酒造さんに協力を依頼した時に、そう説明して下さいましたので、間違いありません。色々と付着物が付きますが、海外では付着物が付いた方が、価値が上がるそうですよ。おおよそ3か月程度熟成しただけでも、味が変わります。夏前に貯蔵し、ベストシーズンの秋にダイビングを楽しんで、夜は美味しい焼酎を飲む。最高ですね。

 興味を持った方は焼酎を片手に、大島に潜りにいらしてください。数か月後に、最高のダイビング・お酒を楽しむことが出来ますよ。感染予防対策を完璧にして、お待ちしております。

#伊豆大島
#秋の浜
#海底貯蔵焼酎
#うみのわ
#リピーター
#都市型ショップ
#酒造元
#谷口酒造
#御神火
#熟成
#夏
#秋
#ベストシーズン
#ダイビング
uminowa.net
伊豆大島ダイビングうみのわ