伊豆大島・秋の浜のスケロクウミタケハゼ

伊豆大島・秋の浜スケロクウミタケハゼです。うみのわが、継続観察中の個体です。

前回は、5月下旬に観察に行きました。その頃と比べると太った感じがします(笑) 
何個体いるか数えた事が無いので不明ですが、他にも観察出来ています。

伊豆大島・秋の浜のスケロクウミタケハゼ
スケロクウミタケハゼ

こちが別個体になります。だいたい成魚になると、この大きさになります。少し気になるのが、お腹。さすがに卵を抱えるには早いと思うのですが、越冬して2年目になるので、冬の間に鍛えられているので、もしかしたらですけね。近いうちに観察に行って、お腹の具合を観察してみようと思います。

リピーターの方は、こんな感じで継続観察できるので、また一味違ったダイビングの醍醐味を味わうことができます。初来店の方には、ジックリ海をガイドして何か新しい発見をしてもらいたいです。そして、いつの日かリピーターになって下さったら嬉しい限りです。是非一度、伊豆大島の海に潜りにいらしてください。
 十分に感染予防対策を取って、『withコロナ』の新たなスタイルでダイビングを楽しんでいきましょう。最初は慣れないかもしれませんが、ダイビング同様に繰り返しやっているうちに慣れてきますよ。

#伊豆大島
#秋の浜
#うみのわ
#スケロクウミタケハゼ
#お腹
#継続
#観察
#卵
#越冬
#リピーター
#初来店
#ガイド
#海
#醍醐味
#営業再開
#感染予防対策
#新たなスタイル
#withコロナ
#ダイビング
uminowa.net
伊豆大島ダイビングうみのわ