伊豆大島の秋の浜でクマドリカエルアンコウが越冬。ダイビングうみのわ。

伊豆大島・秋の浜クマドリカエルアンコウです、遂に越冬しました!うみのわが、観察出来ていたのは3月11日まででした。微妙に動き回って見かけなくなってしまっていましたが、先日無事再発見できました。

秋の浜のクマドリカエルアンコウ
クマドリカエルアンコウ(越冬)

こちらが同じ個体を、アップで撮影した水中写真です。やはり成長すると可愛らしさが無くなってしまいますね…。でも、カエルアンコウの仲間でクマドリですから成長しても人気があるはず。
でも伊豆大島で、越冬する個体が出てくるなんて考えた事もなかったので凄い事だと思います。
なるべく長く観察出来る事を、祈るのみです。後、今年の生まれたての幼魚にも期待しましょう!

水温は多少、不安定なところもありますが確実に上がってきています。越冬が確実になった個体、既に流れ着いている季節来遊漁も少しずつですが観察出来ています。きっと、この先もっと多くの生物を観察できる世になるのは確実です。
国の緊急事態宣言は解除されましたが、東京都は次のステップとして、「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」を発表しました。大島町も同じく来島自粛継続を昨日発表され、明日は議会があるので詳細が分かってくるとおもいます。以前に比べ、確実に希望の光が見えてきたわけですが、後もう少し頑張って自粛するしかなさそうです…。それまでコロナに負けず頑張りましょう!

#伊豆大島
#秋の浜
#クマドリカエルアンコウ
#越冬
#うみのわ
#幼魚
#カエルアンコウ
#季節来遊漁
#緊急事態宣言
#解除
#東京都
#新型コロナウイルス
#ロードマップ
#大島町
#来島自粛
#コロナに負けるな
uminowa.net
伊豆大島ダイビングうみのわ